​サポート体制について

万全の体制で支援します

セイブ海外研修協同組合では、母国の経済を発展させるため日本の技術を学びたいと志しをもって入国した技能実習生一人一人が欠けることなく技能実習を満了し、大きく成長してもらいたいという思いを持っています。受入企業より申し込みをいただいた時から、技能実習期間の満了まで、万全のサポートを提供できるように体制を構築しております。担当者が責任を持ってサポートさせて頂きますので、ご遠慮なくご相談ください。

お客様のご要望へのこまやかな制度説明

担当者が貴社に伺い、本制度の概要や当組合のコンセプト、受入要件等を 詳細にご説明します。また、本制度は労働基準法をはじめとする、各種法令の遵守が必要となりますので法令遵守に関する方針につきましても、ご説明させて頂きます。

​渡航も安心!

現地面接スケジュールの作成を行います。技能実習生の日本語学校視察や航空チケットの手配、ホテル予約、全て当組合で手配可能です。

入国は当組合担当者が対応!

技能実習生の入国は当組合の職員が対応します。また、日本の生活に関する注意事項等のオリエンテーションを行います。

受入後も充実の対応

技能実習生が受入企業に配属された後は、当組合の職員が訪問し技能実習の進行状況、雇用条件の変更等を監査します。それ以外にも日本語の上達度など日常生活に問題なく対応できているかを確認します。

通訳・翻訳が常駐。お気軽に相談を!

技能実習期間中に通訳が必要な際は、技能実習生の母国語で通訳可能な職員が24時間体制で対応いたします。

お問合せ ☎ 097-553-3335

© 2016 Seibu Overseas Training Cooperatives